開店祝いを贈るタイミング

開店祝いを贈るタイミング

開店前の店舗は、内装工事のやり直しや商品の飾りつけで大忙しです。
ですから開店前に定番の胡蝶蘭の鉢植えが運ばれてきても、混乱した現場の中で置場に困るだけです。

 

胡蝶蘭を贈る場合は花屋から、オーナーに電話をしてもらって運び込む時期を調整してもらうのが賢いやり方でしょう。

 

もらう方にとって困るのは、突然の花屋の配達です。忙しいところにそのたび対応していては、時間がとられてしようがありません。オーナーが時間を決めてその時間帯にまとめてもってきてもらうのが正解です。

 

開店前に店舗で開店パーティなどがあり、それに招待されている場合、現金や商品券などを贈る場合はその時持っていって手渡すのがいいでしょう。金一封はかさばらないので、もらったほうも、ポケットにしまったりバッグに入れたりと、その後の

 

始末に手をとられることがありません。

 

遠方にいて開店パーティーなどに出席できない場合は、現金書留で送るか商品券を贈ります。この場合は開店日に期日指定します。

 

 

開店祝いの贈り方はこちら